Lyckodalen の星

体当たりスピリチュアル記!私のふしぎ体験をつづっています。

痛みを癒やす花の色と、そばで支えるあの世の家族

 

f:id:mikalyckodalen:20170712033253j:plain


痛いって、本当につらい!

突然の病で入院したときのことです。担当の医師が、「あなたの『 痛い!』と思う MAXを10とするとその今の痛みのレベルは、どのくらい?」と、必ず聞くのです。自分の感じる痛みの限界って?
 
これは私にとって答えるのが難しい質問で、MAXとは、気を失うほどの痛みなのだろうか? 痛くて寝られない、つらいと限界にあることを訴えているのに、まだ耐えることが可能かどうか問われているようで苦しく、ずいぶん戸惑いました。
 
このときの私は、体中を無数の針が刺すような痛みでほとんど寝られない状態でした。衣類が肌に触れるのも痛く、圧が体にかかると激痛がおそうためベッドに寝ることができません。壁にそっと手のひらでもたれて立ったまま目を閉じ、その私が床に倒れないよう母が見守る、という限界の状態で入院したのでした。
 
今日も痛みのMAXとの比較を聞かれ「今が限界、もうMAXです」。
 
痛いのは、本当につらいです。精神的にもさいなまれ、これほどの苦痛を受けるなんて、私がいったい何をしたというのだろう? と運命の非情を感じました。
 
 
苦しみのなかで、現れたその人とは・・・
 
睡眠不足のとき、目の下にクマができたりしますが、当時は上まぶたにもクマがあり、目の周囲がぐるりと青黒くまるでパンダのようでした。その限界のとき、苦しいなかでの夢だと思うのですが、夢だったのかどうかもわかりません。
 
私が小学生のときに亡くなった祖母がそばに立っているのに気づきました。「すごく痛いんだ」祖母にそう訴えると、私は泣いていました。母の前では絶対に泣かないと我慢していた涙でした。
 
祖母の姿は61歳で亡くなったときより少し若く見え、元気だった頃に戻ったようでした。だけど、険しい顔をして黙って私の痛い背中をなでています。そこは、赤いじゅうたんの敷かれたホテルのパーティ会場の廊下のようです。閉じられた扉の向こうからは心地よい音楽や談笑の声がもれ聞こえてきます。楽しそう・・・。扉の向こうの世界に一瞬興味をひかれ、背中をなでている祖母を振り返ろうとした瞬間、祖母に背中をドンと強く押され、この世界に戻ってきたのでした。
 
いまのは夢?
 
 
亡くなってもそばにいる
 
祖母が肺ガンだとわかったときはもう手遅れで、痛い、痛いと訴えるのを、看病する母はただ、そっとさすってあげることしかできなかった、と言います。病室の祖母をお見舞いする直前、角を曲がった廊下の隅で父から、おばあちゃんの状態はよくない、病名を絶対に言ってはいけない、と言われ、私は緊張していました。祖母は私を見て微笑んだのですがその姿ははかなく淡いグレーに感じ、涙ぐみそうになった私は唇をかみしめたのでした。
 
私にとって、このお見舞いのときが祖母と会話した最後でしたが、その祖母が現れて、私の痛い背中をなでてくれたことは、亡くなって何十年たってもそばにいて見守ってくれているのだと思うことができ、闘病中もこのことを思うと、心が励まされました。
 
 
病室で出会った、紫の丸い花
 
入院中に、ある本を見ていて痛みがやわらぐ感覚を得た瞬間が! それは、淡いラベンダー色の丸い花の写真を見たときでした。本は、雑貨カタログ、という名前でテキスタイルデザイナーのロッタ・ヤンスドッターさんが日本デビューした頃の号です。ロッタちゃん特集のなかで、彼女の家やアトリエが紹介されていたのですが、そのなかの寝室の写真にクギヅケになりました。紫の丸い花が飾られていたのです。初めて見る花でした。
 
その花とは、アリウム・ギガンチウム。巨大なネギの花、という意味のようです。
 

f:id:mikalyckodalen:20170712033321j:plain


このハンドメイドのスカートに添えた丸い紫の花、がそうです。(これは造花ですが)
 
ブルーグレーの寝室の壁の色を背景にラベンダー色の花が飾られ、寝室全体がやさしく落ち着いたトーンでまとめられていました。その寝室の紫の丸い花を見ていると痛みがやわらぎ、不思議と心が安らいでいくのを感じます。
 
ラベンダーは癒やしの色、と言われますが、本当にそうだと思ったのでした。
 

つなぐ色に思いを込めて
 
私は今、リバティプリントという花柄の布に夢中です。9つの柄を選んでつなぎピンクッションを作るときなど、ラベンダー系の色をよく選びます。
 

f:id:mikalyckodalen:20170712033342j:plain

 
お裁縫箱を開いた時、そこにあるピンクッションが心安らげる存在になれるかもしれない、と思うのです。HAPPYが届けられたらいいなと思いながらものづくりしていますが、その原点は、あの紫色の丸い花。あのとき、癒やしの色に出会えたこと、闘病の心を支えてくれたことに感謝しています。
 
そして、思うのです。祖母に、紫の丸い花をたくさん届けてあげたかったな、と。
 
 
 ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

 

ランキングに参加しています。
お帰りにポチっとお願いします↓