Lyckodalen の星

ふしぎ体験をつづるブログです。

封印された悲しみと、それを解く者たち

f:id:mikalyckodalen:20170706130511j:plain

 
はじめに

ブログに新しく加えたテーマ「ちょっとひといき」では、私のふしぎ体験をつづっています。
 ※写真を掲載していましたが、どなたにも読んでいただけたらと思い、一部の写真を削除しました。
 
  
なぜ? 突然のロザリオ出現
 
祖母が亡くなり、古い家を解体するというので、久しぶりに祖母の家に入りました。
 
「ちょっとだけよ」 加トちゃんのマネばかりしていた私は、マネすることはもちろん、家でドリフのテレビ禁止に!しかたなく、お隣りの祖母の家へ「おばあちゃんに会ってくる」と一人出かけドリフを一緒に観て笑ったものです。
 
そのなつかしい祖母の家に飾られていた祖父や曾祖父たちの遺影を掃除していたときのことです。姪にとっては初めて見る写真ばかり。この写真は、じいじのおじいちゃんだよ。じいじ、年取って似てきたね、と笑ったり、おじいさんはあそこに住んでる、と祖母が靖國神社の写真を指差し子供の頃に話してくれたことなど、ぺちゃくちゃおしゃべり。
 
そばで聞いて皆も笑ってるかもね、と姪たちとクスクス笑っていましたが、どうやらほんとにそばで聞いていたようです。第二次世界大戦での兵士や遺族の証言を集めた『戦友』という分厚い本もまた祖父のことが書いてあると言うので捨てずに運び出し残しておいたのですが、その本にまるでたてかけるように、十字架と数珠(ロザリオ?)のようなものが現れ、掃除している遺影のそばにはこちらを見て微笑む母子らも現れて、血のつながったご先祖様たちのこととはいえ、私も腰を抜かしそうになりました。
 
 
祖母が祈っていたこと
 
祖母が亡くなる2週間前、入居する老人ホームを訪ねたときのことです。「あれをありがとうね」とベッドに横たわる祖母が笑顔で指差し視線を向けた先には、部屋に飾られたおみやげの根付守が。祖母にと、私が靖國神社を参拝したときに授かり送ったものでした。
 

f:id:mikalyckodalen:20170705095310j:plain

 
その根付守を祖母に届けたら手を合わせて拝んでいたよ、と母から聞いたとき、仏壇に手を合わせ、語りかけ祈っていた姿が思い出されました。戦争で家族を失うことのないよう平和を守り続けてほしいという、願いを託されたのかなと思っています。
 

f:id:mikalyckodalen:20170705095328j:plain

 
 
古いトランクから出てきたもの
 
解体する祖母の家よりもさらに前、父たち家族がかつて住んでいた古い家の床下から緑色の古びたトランクを見つけました。当時、私は4歳。好奇心のままそれを開けたときのことを思い出しました。
 
紙やノートなどにまじって折りたたまれた布があり、広げると、その大きな布は寄せ書きされた日の丸でした。祖父の出征時のものだと思いますが、祖父はブーゲンビル島で戦死し遺骨もないと聞いているので、どうしてここにあるのだろう、持っていかなかったのだなと少し不思議に思っています。
 
戦争で祖母は夫を亡くし、子供たちは父を亡くし、老親は息子を失いました。家族の悲しみが封印されたトランクでした。そのトランクを開けた者として、封印された悲しみを解き、祖母たちの平和への願いを未来へ受け継いでいこうと、あらためて決意したのでした。
 
 
 
その祖母のことを考えると、この本が浮かびます。
 
 
マザー・テレサの顔や手に刻まれたシワに祖母が重なって見えます。
 
この本を広島のカトリック幟町教会の聖パウロ会書院で購入したとき、思いきってシスターにたずねてみました。幸運にも、マザーが教会を訪れた際に会ったというシスターのお話を聞くことができました。その当時を思い起こされながら、この本の表紙のシワの刻まれたマザーの手を、尊敬を込めてそっとなでながらニコニコとシスターがお話してくださったこともまた祖母に関連して思い出され、つながる記憶の不思議を感じます。
 
バックナンバー記事 今を生きるすべての人へ で靖國神社を参拝したときのエピソードを紹介しています。
 
また、沖縄戦ブーゲンビル島で戦死した二人の祖父のことを 戦地のおじいちゃん で紹介しています。
 

この話には続きがあって

妹『おばあちゃんさ、お寺さんじゃなくて、
  なんでロザリオなん?』
 
私『ほんまやね。数珠なのかな?
  でも十字架が見えるんだよね。
  丸に十字で島津かな、薩摩の。
  お母さん、うちって十字架とか
  ロザリオとか、キリスト教と何か
  関係ある人いた?』
 
母『はあ?』
 
妹『隠れて信仰してたとか』
 
私『か、隠れて!?』
 
妹『あっ! おねえちゃんさ、
  この前長崎巡礼に行って
  誰か連れてきたんちゃう?』
 
姪『うはは、そうかも』笑
 
私『えーっ!! ま、まさか。
  だとしたら、話が全然
  違ってくるんだけど・・・』汗
 
 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

 

ランキングに参加しています。
お帰りにポチっとお願いします↓